皆の本棚にあるタグ「WMD」の本

WMD
『大量破壊兵器』より : 大量破壊兵器(たいりょうはかいへいき、英語: Weapons of mass destruction)とは、人間を大量に殺傷すること、または人工構造物(建造物や船など)に対して多大な破壊をもたらすことが可能な兵器のことを指す。典型的には特に生物兵器、化学兵器、核兵器、放射能兵器の4種類を指すものとして用いられる(放射能兵器を核兵器に含めるとして3種類と数える場合もある)。これらはそれぞれの英語の頭文字を取り、ABC兵器、NBC兵器、NBCR兵器などと総称される。 定義 記録されている限りにおいて、大量破壊兵器に対応する英語の「Weapons of mass destruction」という語は、1937年のロンドンタイムズでスペイン内戦の際にドイツの爆撃機を指して用いられた例にまで遡ることができる。 化学兵器は既に第一次世界大戦中に広く使われていたものの、核兵器は開発されておらず、この文脈には核兵器は含まれていない。 その後、第二次世界大戦中に核兵器が実用化され、1948年の国際連合通常軍備員会(the Commission for Conventional Armaments)においては、大量破壊兵器を核・化学・生物兵器とそれに類するものとした。