皆の本棚にあるタグ「Scala」の本

Scalable Vector Graphics
Scalable Vector Graphics(スケーラブル・ベクター・グラフィックス、SVG)は、XMLをベースとした、2次元ベクターイメージ用の画像形式の1つである。アニメーションやユーザインタラクションもサポートしている。SVGの仕様はW3Cによって開発され、オープン標準として勧告されている。 沿革 1998年に発足した W3C SVG ワーキンググループにより開発された。しかし、その時点でマクロメディアとマイクロソフトが VML 、アドビシステムズとサン・マイクロシステムズが PGML として知られる競合形式を提案していた。 2001年9月4日 - SVG 1.0 が W3C 勧告となる 2003年1月14日 - SVG 1.1 が W3C 勧告となる 2003年1月14日 - SVG Tiny と SVG Basic (モバイル SVG プロファイル)が W3C 勧告となる 2008年12月22日 - SVG Tiny 1.2 が W3C 勧告となる 2011年8月16日 - SVG 1.1 (Second Edition) が W3C 勧告となる XML で記述する為、ブラウザ上で閲覧でき、テキストエディタ等で編集することができる。