皆の本棚にあるタグ「SQLite」の本

SQLite
SQLite(エスキューライト、エスキューエライト)は、パブリックドメインの軽量な関係データベース管理システム (RDBMS) である。 サーバとしてではなくアプリケーションに組み込んで利用される軽量のデータベースである。 一般的なRDBMSに比べて大規模な仕事には不向きだが、中小規模ならば速度に遜色はない。 また、APIは単純にライブラリを呼び出すだけであり、データの保存に単一のファイルのみを使用することが特徴である。バージョン3.3.8からは全文検索のFTS1モジュールがサポートされた。その後 FTS2 - FTS3 と強化を続けバージョン3.7.4からはFTS4モジュールがサポートされている。 SQL92の機能の多くを実装 著作権を放棄しパブリックドメインに帰している サーバではなくライブラリ ライブラリは数百KB程度の小さなフットプリント Cランタイム以外の別途ライブラリを必要としない 管理ツールによるセットアップやメンテナンスを必要としない コマンドラインツールも使える バイトオーダに依存しない(2.6.3以降)、可搬性のある単一ファイル 最大128TiBまで ファイルを使わない、揮発性のインメモリデータベースとしても利用可能 データ型を指定する必要がない サポートしている型は、Null/Integer/Real/Text/BLOBのみ Unicodeのサポート BLOBはメモリの許す限り ROWIDを持っている(しかし、3.6.18以前は外部制約キーの仕組みがない) トランザクションのサポート スレッドセーフである(バイナリによる配布ではリコンパイルが必要な場合もあり) ビューのサポート トリガーのサポート C言語を使って関数を追加できる Tclバインディングを配布キットに標準添付している PHP5、Python 2.5、Adobe AIRで標準サポート その他、C, C++, D, Curl, Perl, Ruby, Delphiなど多数の言語用のバインディング 全文検索のFTS1モジュールがサポートされ、SQL文で全文検索インデックスに対して検索できる Android端末の標準ライブラリとして採用されている 解説 SQLiteは本体プログラムに対して、直接リンクしたライブラリもしくは共有ライブラリやダイナミックリンクライブラリの形で利用できる、組み込み型データベースエンジンである。