皆の本棚にあるタグ「KGB」の本

KGB
ソ連国家保安委員会(ソれんこっかほあんいいんかい、ロシア語: Комите́т госуда́рственной безопа́сности CCCP、略称:КГБ(カーゲーベー))は、1954年からソ連崩壊(1991年)まで存在したソビエト社会主義共和国連邦の情報機関・秘密警察。軍の監視や国境警備も担当していた。 東西冷戦時代にはアメリカの中央情報局(CIA)と一、二を争う組織と言われていたが、ソ連崩壊と同時にロシア連邦保安庁(FSB)に権限を移行した。日本での略称は КГБ を翻字した KGB(露: カーゲーベー、英: ケージービー)が使われる。 1958年12月23日付ソ連共産党中央委員会幹部会により承認されたソ連閣僚会議附属国家保安委員会規程によれば、その任務は以下の通りであった。 資本主義諸国における諜報業務 スパイ、破壊工作、テロその他の破壊活動対策 反ソ及び民族分子の敵対活動対策 ソ連軍各組織における防諜業務 特殊施設、特別重要産業施設及び輸送機関における防諜業務 国境警備 党及び政府の指導者の警護 政府通信の組織及び保障 無線防諜業務の組織 ロシア革命直後、レーニンの命を受けたフェリックス・ジェルジンスキーが「反革命・テロ・サボタージュ取り締まりのための全ロシア非常委員会」(「チェーカー」)を創立する。