皆の本棚にあるタグ「DVD」の本

DVD
DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 DVDの位置付け 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDに対してはるかに大きく、通常の12cmで比較するとおよそ6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができることが特長である。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いから、VHSビデオテープ方式と同等の画質で133分の録画が可能となる4.7GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)がそうであったように、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。