皆の本棚にあるタグ「Cat」の本

Cat Shit One
『Cat Shit One』(キャットシットワン)は小林源文の漫画作品(フィクション)。ソフトバンククリエイティブ社にて1998年から現在4巻まで発行されている(0,1,2,3巻)。日本の他、アメリカ (ADV Manga) 、スペイン (Glénat) 、ポーランド (Waneko) からも翻訳版が発売されている。
ベトナム戦争での、アメリカ軍の偵察チームに所属するパッキー、ラッツ、ボタスキー、チコの戦いを描く。彼らのコードネームは「キャット・シット・ワン」(猫の糞1号)。続編の『Cat Shit One”80』では戦いの舞台を80年代の東西冷戦下へと移す。
: アメリカ陸軍特殊部隊群(グリーンベレー)隊員。特殊作戦グループベトナム軍事顧問団第5特殊部隊(MACV/SOG 5th Special Forces Gr.)所属。偵察チーム・キャットシットワンの隊長。階級は自称軍曹。実際には士官であり、物語中で初めて明らかになった時点では大尉。ヴェトナム戦後は少佐になる。性格はラッツ曰く楽天家。彼の存在については合衆国大統領も関与できないタイムトラベル 最高レベルの国防機密となっている。