皆の本棚にあるタグ「CALS」の本

CALS
『CALS/EC』より : CALS/EC(キャルス/イーシー)とはContinuous Acquisition and Life-cycle Support / Electronic Commerceの略で、CALSは「継続的な調達とライフサイクルの支援」、ECは「電子商取引」と日本語訳される。全体の概念としては、情報の電子化と共有により製品のライフサイクルの色々な局面でコスト削減・生産性の向上を図ることである。 日本の国土交通省ではCALS/ECを「公共事業支援統合情報システム」の略称と定義している。 CALSの名称 CALSはアメリカ合衆国から世界へ発信された概念でありIT革命と共に適用拡大されたため、定義は一概ではない。 1985年 Computer Aided Logistics Support かつて、CALSはアメリカ国防総省で利用する兵器の生産性や品質の向上といった兵站 (Logistics)目的でアメリカ国防総省における「コンピュータによる軍事の後方支援」の意味であり、コンピュータが普及すると見込まれ紙媒体から電子媒体による民間利用目的で提唱された。