皆の本棚にあるタグ「鮮卑」の本

鮮卑
鮮卑大人国 鮮卑の位置2世紀、鮮卑の版図 鮮卑(せんぴ、拼音:Xiānbēi)は、紀元前3世紀から6世紀にかけて中国北部に存在した遊牧騎馬民族。五胡十六国時代,南北朝時代には南下して中国に北魏などの王朝を建てた。 檀石槐登場前 漢代の初め、匈奴の冒頓単于が東胡を滅ぼした際、その生き残りが烏丸山と鮮卑山に逃れ、それぞれが烏丸と鮮卑になった。鮮卑はしばらく匈奴のもとにいたが、匈奴が南北に分かれその力が衰えてくると、勢力を盛り返すようになった。 建武30年(54年)、鮮卑の大人(たいじん:部族長)の於仇賁(おきゅうほん)は部族民を引き連れて都洛陽に上って朝貢をし、光武帝から王に封じられる。 永平年間に、祭肜(さいゆう)が遼東太守となると、鮮卑に誘いをかけ賂を送って、漢の命令に従わない烏丸の欽志賁(きんしほん)らの首を取らせた。 永元6年(94年)、鮮卑大都護の校尉蘇拔廆(そばつかい)は、部族民を率いて護烏丸校尉の任尚(じんしょう)に従い、南匈奴の反抗者たちを討伐した。