皆の本棚にあるタグ「魔術」の本

魔術
魔術(まじゅつ)とは、 人間の意志を宇宙の事象に適用することによって何らかの変化を生じさせることを意図して行われる行為、その手段、そのための技術と知識の体系、およびそれをめぐる文化である。ただし一般通念としての魔術は科学技術と異なり、少なくとも見かけ上は超常的、超自然的なものとされる傾向がある。また、魔術によって引き起こすことができると想像される事象は、超自然的なもの、外面的・物理的なもの、内面的・精神的なものなど、文脈によりさまざまなケースがある。 1から長じて、ケルト神話などの神話や、ファンタジーなどの物語で描写される不思議な術、技(参照:魔法)。 呪術、妖術、邪術、託宣、奇跡、仙術などの総称。(アニミズム、汎心論の項も参照。) 奇術、手品のこと(本項「奇術と魔術」の節も参照)。日本に魔術という概念が入ってきたのは明治の頃、英: magic、仏: magie、独: Magie などの訳として入ってきた。英語のマジックは奇術の意味も持つ。 概論 魔術は白魔術と黒魔術という二つに大分類されているが、この分類は便宜的なものであり、統一見解とはいえない。