皆の本棚にあるタグ「魔法」の本

魔法
魔法(まほう)は、常人には不可能な手法や結果を実現する力のことである。この語彙を用いるのは主に欧州系のそれに対してであるが、英語ではMagic(魔術、魔法、呪術、手品)、Sorcery(妖術、魔法、魔道)、Wizardry(魔法、妙技)、Witchcraft(魔女術)、など複数の言葉と微妙に異なった概念をもつため、該当語のない日本語訳については、訳語が訳者により異なり混乱している。 言葉の定義 科学 一部の人にとって、“魔法”はエネルギー法の任意の制御の一形態だと思われているが、現在では、まだ科学的なメソッドの存在が確認されていない。 魔法 日本では「魔法」という言葉は、それらの神秘的で超常的な力または行為の中でも、特に西洋由来のものを指す言葉としてよく使われる。これは魔法という語が明治以降に外国語の訳語として使われたことが大きい。ただし、江戸時代に「魔法」という言葉がなかったわけではない(集荻田安静『宿直草』巻四「魔法を覚えし山伏の事」など)。