皆の本棚にあるタグ「騎士」の本

騎士
騎士(きし)は、騎乗して戦う者を指す。 ヨーロッパにおける騎士とは、主に中世において騎馬で戦う者に与えられた名誉的称号、およびそれから派生した(必ずしも騎乗戦士ではない)階級を指す。称号としての騎士を騎士号という。 日本においては江戸時代、馬に乗り「御目見」の資格を持つ武士の称として用いられ、主に徒士との比較語として用いられた。以下、主として前者のヨーロッパの騎士について叙述する。 各言語における名称 フランス語では chevalier(シュヴァリエ)、イタリア語では cavaliere(カヴァリエーレ)、スペイン語では caballero(カバジェロ)、ドイツ語では Ritter(リッター)、オランダ語では ridder(リッデル)であり、いずれも「騎乗」を語源としている。