皆の本棚にあるタグ「食堂」の本

食堂
食堂(しょくどう)とは、食事をするための部屋である。飲食物を置くための食卓と、それを取り囲む場所からなっている。高い食卓の場合は、椅子を伴う。調理した物を運ぶ手間を省くため、台所に隣接している場合が多い。英語の"dining room"からダイニングルームとも呼ばれる。 日本の食堂 江戸時代以前、一般住宅において、家族が集まる場所を茶の間と呼んでいた。茶の間は、居間であると同時に、食事をする場所でもあった。食堂は「じきどう」と読み、仏教寺院において僧が食事をする堂宇のことを指した。 明治以後、文明開化により、居間と食事をする場所を分ける住宅が増え、食事をする場所については「食事室」と呼ばれるようになり、後に「食堂(しょくどう)」と呼ばれるようになった。また、学生食堂や社員食堂が一般化していく中で、手軽に食事ができるレストランが「食堂(しょくどう)」と呼ばれるようにもなった。しかし、日本国内では、居間と食堂の2室を設けることができない狭い住宅が多く、居間と食堂が兼用の部屋であったり、居間と食堂を明確に分けない場合もある。