皆の本棚にあるタグ「革新」の本

革新
革新(かくしん、reform)とは、字句通りの意味では新たに革(あらた)めることを意味し、既存のものをより適切と思われるものに変更することを意味する。 伝統的な政治学の図式では、左翼(left)・社会主義(socialism)・共産主義(communism)、あるいは社会自由主義・社会民主主義と同義で用いられる。一方、政治学以外では字義通り何かをより良いものに改めていこうとする「改革」(英語では同じくreform)と同義の抽象的な意味で用いられることも多く、「イノベーション」(innovation, 技術革新・刷新・更新・新機軸)の訳語としても用いられる。 思想としての革新は政治分野で使われることが多く、主に現行の政治体制の変更を優先的に要求する立場であるとされる。対する概念は伝統や現状を優先する保守。 進歩主義(progressivism)とは、(共に、左翼・社会主義・共産主義の婉曲表現として用いられることもある点も含め)意味的に重なる部分が多いため、あまり厳密な区別がなされず同義語として混用されることも多い。