皆の本棚にあるタグ「電撃戦」の本

電撃戦
電撃戦(でんげきせん、ブリッツクリーク 独:Blitzkrieg De-blitzkrieg.ogg listen)は、一般に機甲部隊の高い機動能力を活用した戦闘教義である。 電撃戦は、少なくとも3つの観点から研究されている。1つ目は第二次世界大戦初期にドイツ国防軍が行ったポーランド侵攻、ナチス・ドイツのフランス侵攻、独ソ戦時のバルバロッサ作戦・ブラウ作戦で、赤軍がバグラチオン作戦で部分的に実践した歴史的な戦闘教義としての観点、2つ目は迅速な攻勢によって勝利する軍事教義としてプロイセンの時代から存在していたという電撃戦を拡大解釈する観点、3つ目は敵の撃破ではなく機動による攪乱に力点を置いた機械化戦闘の代表的理論としての観点である。