皆の本棚にあるタグ「階段」の本

階段
階段(かいだん)は、高低差のある場所への移動を行うための構造物である。人間の足で昇降可能な高さ(蹴上げ)をもつ、いくつもの水平な段(踏みづら)に分割されている。日本語の古語および雅語では、きざはし(階)と言う。 階段には直線、円形、および、直線が多数の部分に折れ曲がった形などがある。大きく折れ曲がった形では、その部分に特に広い段が出来、これを踊り場という。上から見ると円形になっており、中心を回転しながら上昇・下降する構造の階段は螺旋階段(らせん かいだん)と呼ばれる。 材質が石の場合、石段(いしだん)と呼ばれる。英語では建築上の階段はStairs、道路上の階段はStepsと言い分けられているが日本語ではこの区別はない。 種類 階段は上昇や下降を行うために用いられる。このため、建物、斜面、乗り物など広い範囲に用いられる。材質はコンクリート、鉄、木、石などがある。また、形状は直階段、折返し階段、かね折れ階段などがあり、この他、鋼製の場合には螺旋階段がある。 階段の特別なものとしてはエスカレーターと梯子を含むことがある。