皆の本棚にあるタグ「隋唐」の本

隋唐演義
『隋唐演義』(ずいとうえんぎ)は、清初の褚人獲(ちょじんかく)によって作られた通俗歴史小説。20巻100回。 『隋唐志伝』『隋煬帝艶史』『隋史遺文』などをもとに唐・宋の伝奇小説や筆記、民間の伝承文芸から材料を集めて作られた。 隋の文帝が陳を滅亡させたところから始まり、安史の乱の後、唐の玄宗が長安に戻るところで終わる。 雑多で思想的統一性のなさが指摘されるが、隋末反乱の場面で描かれる秦瓊・単雄信・程咬金・羅成といった瓦崗寨の人物が個性的に描かれている。 日本では、安能務、田中芳樹によるリライト本が出版されている。 主要登場人物 秦叔宝と好漢たち 秦叔宝姓は秦、名は瓊。叔宝は字。名よりも字をもって知られる。前半における主人公で、120斤の簡(鞭の一種)を振り回す豪傑。賊に襲われている李淵を義気から救出する場面が初登場。後に帰順することになる唐と縁を得ることになる。もともと隋の臣下で、高麗との戦争で大功を立てている。のち、李密や王世充と主君を変えながらも最終的には唐に帰順。尉遅敬徳との対決は見せ場。後世において、尉遅敬徳とともに門神となっている。