皆の本棚にあるタグ「陽気なギャング」の本

陽気なギャングが地球を回す
『陽気なギャングが地球を回す』(ようきなギャングがちきゅうをまわす)は、伊坂幸太郎の小説。続編として『陽気なギャングの日常と襲撃』が、その続編『陽気なギャングは三つ数えろ』が刊行されている。 それぞれ特殊能力を持つ4人組強盗団が奪われた「売り上げ」を奪還すべく活躍する。伊坂幸太郎独特の文体、クライム・サスペンスとスラップスティックコメディの内容が受け、新書版(祥伝社ノン・ノベル)は10万部以上を売り上げ、文庫版(祥伝社文庫)もベストセラーとなった。その結果、伊坂の名はミステリファンのみならず一般にまで知れ渡った。シリーズ3作目発売決定の時点でシリーズ累計は180万部である。 「オーシャンズ」シリーズを思わせる設定だが、伊坂は泥棒たちの話を書きたかったので、それは意識されていない。しかし、映画版の予告編には〝「オーシャンズ11」に満足出来なかった人へ〟とのテロップがあった。 ストーリー ロマンはどこだ!? 人間嘘発見機、演説の達人、天才スリ、そして正確な体内時計を持つ女。