皆の本棚にあるタグ「開発経済」の本

開発経済学
開発経済学(かいはつけいざいがく、英:development economics)は、貧しい国が豊かな国になるためにはどうすればよいかを探求し、貧しい国に特徴的な経済・社会現象を個人合理性の観点から理解しようとする、経済学の一分野。伝統的に前者のタイプの研究が中心であったが、1970年代末頃から、経済学理論におけるゲーム理論(game theory)の発展に伴い、後者のタイプの研究がむしろ主流と言えるほど増えてきた。1990年代以降は、貧しい国の家計データの整備が進むに伴い、理論が本当に貧しい国の現実を説明しているかを検証する実証研究が台頭。また、2000年前後から、政治的要因がどう開発に影響するかについての理論・実証研究、及び、教育・医療等の分野での援助プログラムの効果を測定する実証研究が盛んになっている。 当初のモデルは、計画経済を採ったソビエト連邦などの国で発達した。 国家間所得格差の原因 理論開発経済学者の第一人者の一人であるDilip Mookherjeeによれば、開発経済学における国家間所得格差の原因を説明する理論的アプローチとして、以下の5つが挙げられる。