皆の本棚にあるタグ「野球」の本

野球
野球(やきゅう)とは、フィールドと呼ばれる屋外球技場(もしくはそれを模した屋内球技場)で行われる集団球技のスポーツである。英語のベースボール (baseball)を指す。 主に競技の発祥国とされているアメリカ合衆国を始め、キューバやドミニカ共和国などのカリブ海周辺の諸国、日本や韓国、台湾などといった東アジア地域の国や地域を中心に行われている球技スポーツである。 近年ではヨーロッパやアフリカにも広まりを見せている。 「野球」と言う言葉は、明治期に日本で中馬庚が作った和製漢語である。 野球は、2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う競技。大会やリーグによって、予め定めた以上の一方的展開になった場合や気象条件等により途中で試合を打ち切るコールドゲームの規定、攻撃時に投手と呼ばれるポジションの選手の代わりに攻撃専門の選手を使う指名打者制度の有無、審判員の人数等細かな違いがあるが、大会やリーグごとに、それぞれの環境で最良と考えられる制度を採用している。

  • 捕手論 (光文社新書)

    野球 

    私は、あまり野球のことは詳しくはありません。 ですが、あまり目立たない捕手が …

    miyanさんの本棚 [総ページ数:204] 2013/11/01 11:52:01 更新

  • 黒いペナント

    野球  八百長 

    野球の世界で起きる八百長の物語。 もちろんフィクションです。 ですが言葉巧み…

    miyanさんの本棚 [総ページ数:239] 2013/06/02 17:39:47 更新