皆の本棚にあるタグ「酒場」の本

酒場
『飲み屋』より : 酒場(さかば)とは、主にアルコール飲料を提供する飲食店の総称で、一般に「接待」を伴わない飲酒店のこと。日常的な表現では飲み屋ともいう。様々な立場、中世においては職業の人間が集まり、互いに情報を提供し、交流を深める社交場としての役割も果たしていた。 酒場の種類 酒の種類、メニューや飲食形態、店の雰囲気などによって、居酒屋、パブ、バー、スナック、立ち飲み(角打)などに呼び分けられるが明確な区別はない。 しかし、スナックには接待を伴う場合が多い。 異性が接待する飲酒店には、ラウンジ、クラブ、キャバクラ、キャバレー、ホストクラブ等があるが、これらは風適法で風俗営業の内の接待飲食等営業とされ、法律上区分されている。 文化 歌謡曲 - 「哀愁酒場」、藤圭子の楽曲。 歌謡曲 - 「裏町酒場」、西田佐知子の楽曲。 歌謡曲 - 「裏町酒場」、美空ひばりの楽曲、上記とは同名異曲。 歌謡曲 - 「北酒場」、五木ひろしの楽曲。 歌謡曲 - 「北酒場」、細川たかしの楽曲。 歌謡曲 - 「酒場でDABADA」、沢田研二の楽曲。