皆の本棚にあるタグ「部落」の本

部落
集落(しゅうらく、聚落とも)とは、単に人が住む家屋の集合した状態の場所のことを指す地理学的な概念。部落、在郷、在所などの方言も同義語である。 「集落」を、人間関係の社会的、文化的統合状態に基づく地域社会の一種として社会学的にとらえた場合、「村落」にあたるものとほぼ重複する。 今日では、都市と村落の区別を説明する場合、人口の集中の度合や中心となる産業によって区分する場合が多い。 都市:人口密度や家屋の密度が大きく、第二次・第三次産業に従事する人の割合が高いもの。 村落:人口密度や家屋の密度が小さく、第一次産業に従事する人の割合が高いもの。「部落」とも呼ばれるが、現在では被差別部落問題との関連から、差別的意図がない場合でも部落の語を避ける場合がある。この傾向は西日本に顕著である。 集落の始まり 古く人類が狩猟採集生活を営んでいた時代では一時的な居住地はあるものの、同一の場所で繰り返していては獲物など収穫も減るため度々場所の変遷を繰り返した。