皆の本棚にあるタグ「過疎」の本

過疎
過疎(かそ)とは、人口が急激かつ大幅に減少したため、地域社会の機能が低下し、住民が一定の生活水準を維持することが困難になった状態をいう。 単に人口(密度)が極度に少ない(低い)状態をいう場合もあるが、これは正しい使い方ではない(後述)。対義語は過密。 特に政令指定都市・県庁所在地から距離の離れ、かつ交通の便に劣る村落や離島などのへき地において過疎が発生しやすい。 過疎と言う語源は島根県益田市匹見町(旧:美濃郡匹見町)の大谷武嘉町長が昭和40年代に国会にて、過疎と言う言葉を使用し津々浦々と切実に町の現状を訴えたのが始まり。昭和38年の豪雪で匹見町では最大で4.4m以上の積雪、7月まで雪が残り、孤立した集落が1ヶ月以上の音信不通となった事を教訓に、世策として昭和45年には広見集落・虫ヶ谷集落・小平集落が昭和50年には赤谷集落が町の指示で集落事に積極的移転し消滅した集落は多く、昭和初期の段階で消滅している集落も多い。