皆の本棚にあるタグ「通信」の本

通信
通信(つうしん)とは、情報の伝達を意味する言葉である。有史以前から徐々に発展し、近代における様々なそして急激な技術的発展によって、より多様で利便性の高い、大衆的なものに発展してきた。 語源 漢字起源の「通信」:通い合って(通じて)信頼を深める(信(よしみ)を通わす) 英語:communication = ラテン語:communis(common, public, 共通の)+ munitare(舗装する、通行可能にする) 通信の形態 人間による伝言 音響 - 寺院や教会の鐘による時報、火の見櫓の半鐘による警報、トーキングドラムの利用等。 視覚 - のろし、光(回光通信機)、旗(手旗、信号旗)、腕木など視覚に頼るもの。 輸送 - 郵便(飛脚・伝書鳩)などの信書の輸送。 電気通信(有線・無線):電話・電信(電報)・インターネット・パソコン通信・アマチュア無線現代社会では、郵便のほか、一般的に電気通信の意味で通信という場合が多い。