皆の本棚にあるタグ「軍」の本


軍(ぐん、英語: army)は、軍隊の部隊編制単位の一つ。戦略単位としての性格を持ち、主に陸軍部隊の編成をする際に用いられる。おおむね軍団・師団の上、軍集団・方面軍の下に位置するが、その規模や位置づけは国と時代によって多少の差異がある。 大日本帝国陸軍 大日本帝国陸軍では、軍団という編制単位を用いなかったため、軍が師団の直属の上級部隊であった。1937年に勃発した日中戦争(支那事変)開戦以前の、平時の内地における高級部隊は師団のみであった。海外領土には朝鮮軍・台湾軍・関東軍・支那駐屯軍の4軍が置かれていたが、これらは外地駐留の警備部隊であり、駐留部隊を管轄する組織なため規模も小規模なものであった(このうち常設師団を持つものは朝鮮軍のみであり、しかも2個師団で1個軍を形成する比較的小さなものだった。