皆の本棚にあるタグ「説明」の本

説明
説明(せつめい、explanation)とは、物事を分かるように教えることである。哲学においては「ある事象の根拠を法則から演繹により見出す事」をさす。 そもそも説明とは広義には、分からせることをしめす言葉であり、記述および理解と対応する語である。一般には言語による説明の意味で用いられることが多いが、数学の証明なども実はある種の説明の一種といえる。 解説(かいせつ)などもある。 アリストテレスは『分析論後書』において、ある事柄が「なぜ」成り立っているのかを、三段論法の形で与えることが、知識を持つことである、とした。これをもって、説明とは三段論法による論証であるという考えが表明されているのだ、ともされる。 19世紀には、科学における説明の位置づけについての考察を、幾人もの哲学者らが行った。例えば、J.S.ミルは、自然の中に存在するすべての規則性を演繹的に導き出せるような、少ない数の一般命題(因果法則)を発見することだ、と考え、一見、別の事象と思われる複数の事象をひとつの法則の下に統合することが説明の役割だ、と考えた。