皆の本棚にあるタグ「詐欺」の本

詐欺
詐欺(さぎ)とは、他人をだまして、金品を奪ったり損害を与えたりすること。 詐欺(民法) 他人を欺罔(ぎもう:人をあざむき、だますこと)して錯誤に陥れること。詐欺による意思表示は、その意思の形成過程に瑕疵があるため取り消し得るものとされる(民法第96条)。 ただし、詐欺による意思表示を取り消したとしても、その効果を善意の第三者に対抗することはできない(民法96条3項)。これは、注意をすれば錯誤を回避することは必ずしも不可能とはいえないことと、善意の第三者を保護することで取引の円滑性を確保する必要があることによるものである。同様に強迫により形成された意思表示が取り消しうるものとされているが、その効果が善意の第三者に対抗できることと対比される。 詐欺(刑法) 他人を欺罔し錯誤に陥れさせ、財物を交付させるか、または、財産上不法の利益を得ることによって成立する犯罪(刑法246条)。10年以下の懲役に処せられる。 さまざまな詐欺 下記の分類で複合し分類の難しいものもある。 主に企業がターゲットとなるもの 商取引 取り込み詐欺単純な錯誤から始まる詐欺 籠脱け詐欺 不正乗車 融資詐欺(貸します詐欺) M資金 小切手詐欺 保険金詐欺 鉄砲取引 偽クレーム詐欺 - 企業や店舗などに虚偽のクレームを入れ、お詫びの商品や金品を騙しとる詐欺。