皆の本棚にあるタグ「記憶喪失」の本

記憶喪失
『健忘』より : 健忘(けんぼう、Amnesia)は記憶障害のうち、特に宣言的記憶の障害された状態を指す。宣言的記憶(陳述記憶)とは記憶のうち言語で表現できる種類のもの、エピソード記憶や意味記憶のことである。 一般的に言う「もの忘れ」から「記憶喪失」まで含んだ概念である。 なお、健忘の「健」は、甚だの意である。健闘の「健」と同じ意味。 分類 健忘は様々な病態および症候の総称であり、いくつかの観点から分類ができる。 原因による分類 心因性 心的外傷やストレスにさらされたことでおこる健忘。精神病理学的には解離の一種に分類され、解離性遁走や譫妄と合併することも多い。脳に器質的な障害はみられない。 外傷性 頭部外傷をきっかけとしたもの。 薬剤性 精神作用のある薬剤の使用によるもの。飲酒によるものが体験されることが多く、睡眠導入剤・抗不安薬によるものもよく知られる。 症候性 全身疾患の症状としての健忘。コルサコフ症候群、正常圧水頭症などでは代表的な症状である。 認知症(痴呆) 認知症で健忘は必発であり、初期からみられる。