皆の本棚にあるタグ「言語」の本

言語
この記事では言語(げんご、英: language)、特に自然言語について述べる。 広辞苑や大辞泉には次のようにある。 人間が音声や文字を用いて思想・感情・意志 等々を伝達するために用いる記号体系。およびそれを用いる行為(広辞苑)。音声や文字によって、人の意志・思想・感情などの情報を表現したり伝達する、あるいは他者のそれを受け入れ、理解するための約束・規則。および、そうした記号の体系(大辞泉)。 ある特定の集団が用いる、音声や文字による事態の伝達手段。(個別言語のことで、英語・フランス語・日本語などのこと) (言語学用語)ソシュールの用語「langue ラング」の日本語での訳語。辞典等には以上のようにあるわけだが、これは大きく二分すると「自然言語」と「形式言語」とがあるうちの自然言語について述べている。しかし、1950年代以降の言語学などでは、定義中にも「記号体系」といった表現もあるように形式的な面やその扱い、言い換えると形式言語的な面も扱うようになっており、こんにちの言語学において形式体系と全く無関係な分野はそう多くはない。