皆の本棚にあるタグ「言語哲学」の本

言語哲学
言語哲学(げんごてつがく、英語:philosophy of language)とは、語義的に二つの意味に大別される。 言語の構造・意味・使用法・レトリック等についての哲学。言語の哲学(philosophy of linguistics)とも呼ぶ。 分析哲学、いわば、言語こそが先立つものであり、言語の理解なくして哲学の問題は解決されえないとする哲学。現代では哲学のほぼ全てにわたる。言語的哲学(linguistic philosophy)とも呼ぶ。分析哲学をも参照のこと。 言語哲学の歴史 言語の哲学としての言語哲学 = 古代ギリシャ = 「言語の哲学としての言語哲学」については一方では古代ギリシャの文法学や古代ローマの弁証法(dialectike)や修辞法(retolike)を淵源とする。