皆の本棚にあるタグ「裏金」の本

裏金
裏金(うらがね)とは、 賄賂(わいろ)などによって動いている金銭。 経理(けいり)上で、予算支出の自由度を不正規に高く確保すべく、既に外部に支払われた事にして、正式な出入金記録に記載されずにプールされた金銭。 鉋(かんな)につかわれる刃を調整するための金属。 曲尺(かねじゃく)の裏に目盛りを書いている。裏曲、裏矩とも書く。 靴の裏の摩耗しやすいところを補強するために使っている金板のこと。 ここでは、上位2項について詳しく解説する。 経理操作の意味での裏金 裏金づくり 裏金づくりは、公共機関、企業、各種の団体とあらゆるところで日常的に行われていると考えられるが、当事者の証言がない限り実態の解明は困難であることが多い。 特にプール金と呼ばれる、経理上の不当操作を行なっての積立は後を絶たず、実質的には流動的資金の積立てと云う名目で組織内で容認されている場合もあって、内部の人間ですら、事実上の横領・背任行為、または詐欺行為である事を気付かない場合もある。