皆の本棚にあるタグ「虐殺」の本

虐殺
『大量虐殺』より : 虐殺(ぎゃくさつ)とは、むごい方法で殺すこと。 宗教、主義、主張、グループ、民族、政治、結社、また、村や国家、軍によって、ある目的や、主張の元に形成された2人以上の集団により行われ、1人以上の反抗できない状態におかれた非戦闘員、一般の市民を殺人すること。 なおかつ、ジュネーブ諸条約に基づく戦闘に該当しない殺人。 法的には、定義や基準について曖昧な要素が多く、「虐殺」という言葉は感覚的に使用されることが多い。 一般の報道では、手口の冷酷さや死体の惨殺の有無によらず、明らかに抵抗できない者が集団によって不法に殺された事件で虐殺と呼ばれることが多い。現代の報道の例の多くは、戦争的状況で或る勢力によって一般人犠牲者が出たとする事件を虐殺と呼ぶ事もある。チベット虐殺のように直接の殺害と別に圧政の強制政策によって多くの餓死犠牲が出た数字をまとめて虐殺数と語られていることもある。国際的に一般人への大規模な事件で使われることが多く、国外の戦争について虐殺という表現だけで組織的で大規模な民衆殺人と解釈されることもある。