皆の本棚にあるタグ「自然」の本

自然
自然(しぜん)には次のような意味がある。 人為が加わっていない、あるがままの状態、現象 1の意味より、山、川、海など。人工物の少ない環境。自然環境。 1の意味より、人間を除く自然物および生物全般 1の意味より、ヒトも含めた天地・宇宙の万物 人災に対置した天災、あるいは人工造成物に対置した天然造成物を考えた場合の、それらを引き起こす主体 意識(意図)しない行動 不思議さ、不可解さを含むと思われる可能性がない事 自然の観方の歴史 自然の観方、位置づけのしかた、意味の見出し方などのことを自然観と言う。 例えば「自然は人間文化と対峙するという見方」「自然のなかに文化的模範を見つけるべきとする見方」「自然と人造物が一体となるのが文化的景観とする見方」等々が自然観である。 古代ギリシア:ピュシスとノモス 古代ギリシアではピュシス(自然)を世界の根源とし絶対的な存在として把握された。 対立概念にノモス(法や社会制度)があり、ノモスはピュシスのような絶対的な存在ではなく、相対的な存在であり、人為的なものであるがゆえ、変更可能であると考えられた。