皆の本棚にあるタグ「絵日記」の本

絵日記
絵日記(えにっき)は、絵入りで書き記す日記。 古くは平安時代から貴族によって書かれており、『源氏物語』「絵合」には、絵日記を見せようとする内容が含まれている。絵日記の内容は、須磨と明石の旅の情景を描いたもので、過去を振り返るために記したとしている(形態としては、交互絵巻の方式)。 近世江戸時代にもなると下級武士でも絵日記をつけるようになり、一例として、忍藩藩士の尾崎石城が文久元年(1861年)から翌年までの日常生活と多数の絵を描いた『石城日記』を残している。『石城日記 』の画と字の割合は、絵画が主体で文字は少なく、現代の絵日記帳のように画と字のスペースを区分していない。当時の日本人が誕生日の際、赤飯を食していたことなど、風俗がわかる。 絵師が題材探しや修業目的でつける例もあり、歌川広重は嘉永6年(1853年)の旅を『広重武相名所旅絵日記』として残している(他、河鍋暁斎が幕末から明治期にかけての絵日記を残している)。

  • 旅の絵日記

    旅行記  絵日記 

    これはリアルな絵日記です。 息子さんの絵も掲載されているのがポイントです。 …

    miyanさんの本棚 [総ページ数:159] 2010/10/05 22:22:00 更新