皆の本棚にあるタグ「紅海」の本

紅海
紅海(こうかい、ヘブライ語: יַם סוּף‎, アラビア語: البحر الأحمر‎, フランス語: Mer Rouge)は、アフリカ東北部と、アラビア半島とに挟まれた湾である。 長さ2250km、幅最大355km、面積438,000km2、平均水深491m、最深部2211m。海水は強い蒸発作用(少ない降雨)、流入河川無し、インド洋との限られた循環などにより塩分濃度は3.6%~3.8%と高い。北部にはシナイ半島があり、チラン海峡を通じてアカバ湾と繋がっている。また、北西部にはスエズ湾があり、スエズ湾はスエズ運河を経て地中海と繋がっている。また、南部はバブ・エル・マンデブ海峡を経てアデン湾と繋がっている。同海峡は国際海峡である。域内には大きな島嶼は無く、沿岸部に小島嶼が数多くある。エリトリアのダフラク諸島、サウジアラビアのファラサン諸島、イエメンのカマラン島などがある。 2012年、海底火山の活動で新しい島が生まれた。 海水 目立った河川が流れ込んでいないこともあり海水の透明度が高く、200種ものサンゴが生息するなど固有種も多いことからダイバーにとって憧れの対象である。