皆の本棚にあるタグ「箱」の本


箱(はこ、函、筥、匣、筐)は、物を入れるための容器のこと。 箱は日常生活のあらゆる場面において、様々な素材・大きさ・性質のものが、様々な用途に利用されている。主には物の保管や輸送に利用される。容器自体で、一定の形状を保持できるものを「箱」と呼び、内容物により、形状が変化するものを「袋」と呼ぶ。この二つは共に基本的な容器の形状であり、それらは様々な側面で利用されている。 材料は、簡便なもの・商品などの余り再使用を前提としないパッケージとしては紙で作られたものが多い。しかし繰り返し出し入れすることを前提としたものや、ある種の装飾性を求めるパッケージの場合などではプラスチックや木、竹、鉄で作られる場合もある。形態は、直方体で蓋(ふた)が付いているものが一般的である。 密閉性が無く固形の内容物をまとめて運搬する用途の箱(例えばメッシュパレットやメッシュボックスなど)から、密閉性があり液体を入れる箱まで様々で、また内容物の性質にもよっても材質が吟味される。