皆の本棚にあるタグ「秦」の本


秦 秦の位置秦帝国の版図(紀元前210年) 秦(しん、拼音: Qín、紀元前778年 - 紀元前206年)は、中国の王朝。周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在し、紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅亡した。統一から滅亡までの期間(紀元前221年 - 紀元前206年)を秦代と呼ぶ。国姓は嬴(えい)。もしくは趙。統一時の首都は咸陽。 周代 紀元前900年ごろに周の孝王に仕えていた非子が馬の生産を行い、功績を挙げたので嬴の姓を賜り、大夫となり、秦の地に領地を貰ったのが秦邑(現在の張家川回族自治県一帯)であったという。伝説上では嬴姓は帝舜の臣伯益が賜ったとされている。それ以前の嬴氏は魯に居住していたとされる。 紀元前822年に荘公が西垂(現眉県)の大夫になった。 春秋・戦国時代 = 春秋時代 = 紀元前770年に周が犬戎に追われて東遷した際に、襄公は周の平王を護衛した功で周の旧地である岐に封じられ、これ以降諸侯の列に加わる。