皆の本棚にあるタグ「発達心理学」の本

発達心理学
発達心理学(はったつしんりがく、英: developmental psychology)は、人の加齢に伴う発達的変化を研究する心理学の一分野。 かつては、子どもが大人になるまでの過程が発達であると考えられていたが、現在では老年期までも含め、人は生涯を通して変化・成長を続けるものと捉えられるようになったため、発達心理学の研究対象も、加齢による人の一生涯の変化過程となった。一生涯を研究対象とする視点を強調するために、生涯発達心理学と呼称される場合もある。研究領域は、各発達段階での心的、社会的、身体的な発達とそのための条件、また発達を阻害する要因や発達障害などが含まれる。 発達段階ごとに区分された幼児心理学、児童心理学、青年心理学、老年心理学などは発達心理学の下位領域と見なされる。近年、これらに加えて、胎児期や壮年期の研究も増えている。 エリク・H・エリクソンによる発達段階: 著名な学者 ジャン・イタール(Jean Marc Gaspard Itard、1774年 - 1838年) アンリ・ワロン(Henri Paul Hyacinthe Wallon 1879年 - 1962年) アーノルド・ゲゼル(Arnold Lucius Gesell 1880年 - 1961年) メラニー・クライン(Melenie Klein 1882年 - 1960年) ジークムント・フロイト(Sigmund Freud 1856年-1939年) アンナ・フロイト(Anna Freud 1895年 - 1982年) ジャン・ピアジェ(Jean Piaget 1896年 - 1980年) レフ・ヴィゴツキー(Lev Semenovich Vygotsky 1896年 - 1934年) ロバート・J・ハヴィガースト(Havighurst, R.J. 1900年 - 1991年) エリク・H・エリクソン(Erik Homburger Erikson 1902年 - 1994年) ジョン・ボウルビィ(John Bowlby 1907年 - 1990年) ローレンス・コールバーグ(Lawrence Kohlberg 1927年 - 1987年) サイモン・バロン=コーエン(Simon Baron-Cohen 1958年 -) 東洋 (あずま ひろし 1926年 - ) 藤永保(ふじなが たもつ1926年 - ) 柏木惠子 (かしわぎ けいこ 1932年 - ) 稲毛教子 (いなげ のりこ 1937年 - ) 繁多進 (はんた すすむ 1938年 - ) 下仲順子 (しもなか よしこ 1941年 - ) 内田伸子 (うちだ のぶこ 1946年 - ) 無藤隆 (むとう たかし 1946年 - ) 浜田寿美男(はまだ すみお 1947年 - ) 依田新(よだ あらた 1905年 -1987年 ) 関連項目 発達理論 発達段階 発達障害 発達課題 発達検査 ハンガリー学派 参照 ==。