皆の本棚にあるタグ「病院」の本

病院
病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のこと。 語源 元々hospitalという言葉は「傷病者や病人の収容施設」という意味合いの言葉である(hotelなどと語源は同じ)。そのため諸外国においては、この語が老人ホーム、養老院、孤児院の意味でも使用される。それに対し日本では、明治以降、この「hospital」という言葉に対する訳語として「病院」という言葉を当てることが一般的である。 日本で最初に「病院」という単語が使われたのは、戊辰戦争の頃で、その頃に使用された「病院」という文字が書かれた旗が順天堂大学に保管されている。 日本で最初の病院と言われているのは、1557年に医師でもあったポルトガルの宣教師ルイス・デ・アルメイダによって大分県に開設されたものであると言われ、外科、内科、ハンセン病科を備えていた。