皆の本棚にあるタグ「異世界」の本

異世界
『』より : 異界(いかい)とは、人間が周囲の世界を分類する際、自分たちが属する(と認識する)世界の外側。異世界。 異界を認識する主体は個人より集団を想定することが多い。民俗社会において、霊魂が行く他界(来世)を含め、自分たちの社会の外側に広がる世界を意味する。他界が時空による認識であるのに対し、異界はむしろ空間で捉えられる。例えば、妖怪が住む世界は異界であり、死後の存在である幽霊とは区別される。現代社会では、特定の社会から見た異質な社会の空間を異界と呼ぶことがある(この場合は民俗語彙ではなく分析概念であり、現代の流行語にもなっている)。 異界という語は、人間が分類体系を作り上げる際の構造論と関連している。我々の自己中心的世界観で内部と外部を二項対立的に認識する場合、後者が異界である。よって様々な程度で、境界を挟んで異界が存在する。例えば自分の家に対する家の外、自分のムラに対する外側は異界である。つまり、異界は入れ子構造で多数存在する。 異界の住人 内部社会とは異なる外見や風俗習慣を持つ人間は、異界の住人、異人と呼ばれる。