皆の本棚にあるタグ「狐」の本


『キツネ』より : キツネ(狐)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。 狭義にはキツネ属のことである。広義には、明確な定義はないがイヌ亜科の数属を総称するが、これは互いに近縁でない属からなる多系統である。 最も狭義にはキツネ属の1種アカギツネのことである。古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。 ただし、この記事では広義のキツネを扱うものとする。キツネ属、アカギツネについてはそれぞれの記事を参照。 現生種 最も広義のキツネとして、和名に「キツネ」(英語名に fox)が含まれる6属の種を挙げる。ただし、化石種を除く(近代絶滅種は挙げる)。 大きく3分した「〜クレード」は分子系統による。イヌ亜科は伝統的にはイヌ族 Canini とキツネ族 Vulpini に分けられてきたが、この分類は、系統にも、広義のキツネの範囲とも、対応していない。 アカギツネ型クレードの大半(タヌキ以外) - 旧大陸と北米のキツネ類。キツネ族の大半。 キツネ属 Vulpes アカギツネ red fox、Vulpes vulpes アフガニスタンキツネ (ブランフォードギツネ) Blanford's fox、Vulpes cana オグロスナギツネ pale fox、Vulpes pallida オジロスナギツネ Rueppel's fox、Vulpes rueppelli ケープギツネ Cape fox、Vulpes chama コサックギツネ corsac fox、Vulpes corsac スウィフトギツネ swift fox、Vulpes velox チベットスナギツネ Tibetan fox、Vulpes ferrilata キットギツネ kit fox、Vulpes macrotis ベンガルギツネ Bengal fox、Vulpes bengalensis フェネック (フェネックギツネ) fennec、Vulpes zerda (Fennecus zerda) ホッキョクギツネ arctic fox、Vulpes lagopus (Alopex lagopus) オオミミギツネ属 Otocyon オオミミギツネ bat-eared fox、Otocyon megalotis 南米クレードの一部 - 南米のキツネ類。