皆の本棚にあるタグ「物権法」の本

物権法
物権法(ぶっけんほう、property law)とは、物権に関する規定を有する法令を一括して指す用語である。 フランスではフランス民法典(1804年成立)に物権法が含まれている。モンテネグロではモンテネグロ財産法(1888年公布)に、スペインではスペイン新民法典(1889年公布)に含まれている。ドイツでは民法典(BGB)(1900年~)に含まれている。 日本では民法(1896年)第2編が物権法の一般法となっている。 日本 日本では、民法第2編が物権法の一般法である。また、このことから、民法第2編の解釈論を中心に教授する科目を「物権法」と呼ぶことも多い(狭義の物権法)。 一方、民法のほか、鉱業法、漁業法など特別法により規定されるものや、温泉権など慣習法によって成立したものを判例が認めたものまでを含んだものを指す場合もあり、これを広義の物権法と呼ぶ。特に、判例によって認められた物権の一例である譲渡担保などは、現代の経済活動において重要な役割を果たしており、その判例法により構成された法体系は民法典に劣らない位置を占めている。