皆の本棚にあるタグ「煙害」の本

煙害
煙害(えんがい)とは、煙による住民・動植物に対する被害のこと。狭義では大気汚染に関連し、煙突煙からの被害をさす。広義では煙の発生源は問われず、自動車・機関車(特に蒸気機関車)・ディーゼルエンジン・たき火・タバコ・野焼きなどからの煙による被害も含まれる。 煙害は、様々な行為によって発生した煙によって生じる不都合・被害(社会問題、健康問題、環境問題など)のことである。公害の一種であり、四日市ぜんそく(工場の煤煙が原因とされる)や光化学スモッグ(車の排気ガスが原因とされる)などは煙害とされる。大規模な焼畑農業の野焼きや稲藁焼き等、農業によって発生することもある。 昭和後期の高度経済成長期の公害を踏まえた大気汚染公害対策による大気汚染防止法悪臭防止法によって、日本の工場の煙突の排出は、白い煙があっても殆ど水蒸気であり、有害物は規制されて十分に希釈される。不法産業廃棄物処理業者の焼却処理が地域で問題となったり、住宅地での家庭ごみ焼却も問題となる。道路や建設機のディーゼルの黒煙・白煙のSPMが問題となった。 粒子状物質、化学物質、化合物、気相成分、光化学反応物に分けられ、人への生理的影響は、臭いと感じる濃度で避けられないことが多い。