皆の本棚にあるタグ「漁業」の本

漁業
漁業(ぎょぎょう、英語:fishery)とは、営利目的で魚介類を捕獲したり養殖する産業のこと。 漁業とは、営利を目的として魚介類を捕獲したり養殖する産業のことで、別の言い方では、営利目的で水産動物・水産植物を採ったり養殖する事業のこと。 水産加工業などとともに水産業の一種である。 漁業にはさまざまな人々が関わっているが、漁撈活動に専業として携わる者のことは漁師という。 漁業は農業などと同じく第一次産業だが、公共の場を利用して行われる点で農業と大きく異る。そのため、漁業権や漁業法などの法令により、多くの制限を受ける。 従来の漁業では、収穫された魚介類は、機械的処置を施さない場合の長期保存が難しいため、漁場は加工地・消費地から遠くない範囲に限定されていた。 漁業の存続自体は自然環境の再生産に負うところが大きく、旧来の伝統的な漁具・漁法による漁撈活動では生産性は低かったものの、水産資源の再生産の限度を下回るものであった。