皆の本棚にあるタグ「海運」の本

海運
海運(かいうん、英語:marine transport)とは、海上を利用した旅客輸送・貨物輸送である。 海運は古来、大量・長距離物流の要であり、地中海や北海、インド洋などで活発な活動が見られたが、造船技術や航海技術の発達により、大陸間航行などが行われるようになると、その存在は一段と重みを増した。 第二次世界大戦以前は豪華な客船が数多く建造され、大陸間交通などの長距離の旅客輸送の主役であったが、航空機の発達と共に旅客航路は衰退し、21世紀の現在は、近海や海峡など短距離交通路としての連絡船・フェリー、および船旅そのものを楽しむクルーズ客船などに限られている。しかし貨物輸送としては現代でも、国際間貿易の物流の主軸であり、大型コンテナ船や巨大タンカーに代表される船によって世界中の港が結ばれている。一方で1970年代から、空荷船の積むバラスト水による生態系への悪影響が問題視されるようになった。 海運は他の運輸手段に比べて以下のような特徴を持つ。 船の長所と短所も参照のこと。 低コスト 低速である限りは重量・距離当りのコストが他の運輸手段に比べて格段に安く、大量・長距離の輸送に適する。