皆の本棚にあるタグ「海上保安庁」の本

海上保安庁
海上保安庁(かいじょうほあんちょう、英語:Japan Coast Guard、略称:JCG)は、現在の日本政府が国土交通省の外局として設置・運営している海上警察組織。第二次世界大戦後の1948年、創設時の旧組織はアメリカ沿岸警備隊をモデルに設立された。略称は海保(かいほ)、海保庁(かいほちょう)、または保安庁(ほあんちょう)。モットーは「正義仁愛」。 海上保安庁は国土交通省の外局に属し、基本的に密漁や密輸、密入国といった海の犯罪を取り締まる海上の警察であり、海難事故に対応する海上の消防でもある。定員は2014年(平成26年)現在、13,208人である。主に、海難救助・交通安全・防災及び環境保全・治安維持、海洋権益の保全(領海警備・海洋調査)を任務としている。諸外国の軍艦への対応は海上自衛隊が担当し、非軍事の公船や民間船舶への対応は海上保安庁が担当する。 法律上、明確に軍隊ではないとされている。だが、「Japan Coast Guard」の標記などから、海上保安庁を諸外国の沿岸警備隊(コーストガード)、国境警備隊と呼ばれる準軍事組織と同様とする見解から、これらの組織が有事の際には軍隊の一部として参戦することが戦時国際法では認められていることや、自衛隊法でも特別の必要を認めるときは組織の全部や一部を防衛大臣の統制・指揮下に組み込めるなど、準軍事組織との比定が試みられる場合がある。