皆の本棚にあるタグ「法華経」の本

法華経
『法華経』(ほけきょう、ほっけきょうとも)は、初期大乗仏教経典の1つである『サッダルマ・プンダリーカ・スートラ』(梵: सद्धर्मपुण्डरीक सूत्र, Saddharma Puṇḍarīka Sūtra、「正しい教えである白い蓮の花の経典」の意)の漢訳での総称。梵語(サンスクリット)原題の意味は、「サッ」(sad)が「正しい」「不思議な」「優れた」、「ダルマ」(dharma)が「法」、「プンダリーカ」(puṇḍarīka)が「清浄な白い蓮華」、「スートラ」(sūtra)が「たて糸:経」であるが、漢訳に当たってこのうちの「白」だけが省略されて、例えば鳩摩羅什訳では『妙法蓮華経』となった。さらに「妙」、「蓮」が省略された表記が、『法華経』である。「法華経」が「妙法蓮華経」の略称として用いられる場合が多い。 漢訳は、部分訳・異本を含めて16種が現在まで伝わっているが、完訳で残存するのは 『正法華経』10巻26品(竺法護訳、286年、大正蔵263) 『妙法蓮華経』8巻28品(鳩摩羅什訳、400年、大正蔵262) 『添品妙法蓮華経』7巻27品(闍那崛多・達磨笈多共訳、601年、大正蔵264)の3種で、漢訳三本と称されている。