皆の本棚にあるタグ「水力発電」の本

水力発電
水力発電(すいりょくはつでん、英:hydroelectricity または hydroelectric generation)とは、水力で羽根車を回し、それによる動力で発電機を回して電気エネルギーを得る(発電を行う)方式のことである。 水力発電とは、発電の一方式であり、水力で発電機を動かし電力を生む方式のことである。 ダム式、水路式、揚水式などがある。 また、水力発電は、個人が小さな水力発電装置を手作りし設置することで行うこともできる。特に小規模の水力発電をマイクロ水力発電といい、最近 実践数が増加してきている。私道脇の水の流れ、小川、渓流などの、比較的小さな水の流れを利用して水力発電を行うことが可能である。(そもそも、世界最初の水力発電はそうした小規模のものであった。) (屋外の場合は)水利権には配慮しつつ、水利権関連の書類を提出して解決しつつ行うことができる。 一般には、発電の歴史の中で果たしてきた役割の重要さ、発電量の大きさ、その設備の雄壮な外観などによって、水力発電の中でも特にダム式のものや大河を利用したものがよく知られている。