皆の本棚にあるタグ「民族派」の本

民族派
民族派(みんぞくは)とは、日本における第二次世界大戦後の右翼の一つの傾向、在り方。 戦後日本の右翼は、東西の冷戦構造下において、「民族主義」よりも「反共主義」を主要なテーマとして運動した。右翼は、「昭和維新」を忘れ、ともすれば「資本主義」やアメリカ合衆国の手先のような存在になりがちであった(親米保守)。 そのような状態に対して、1960年代後半には、「反共」よりも、「民族的視点」と「右からの変革(昭和維新)」を重視する青年学生の勢力が登場する。彼らは、既成の右翼団体(街宣右翼)と一線を画し、「右翼」と呼ばれることを嫌い、自らを「民族派」と呼んだ。民族派の運動は、三島由紀夫の言動や、新左翼の活動論に大きく刺激され、この時期に飛躍的発展を遂げた。民族派の政治的主張の特徴は、米ソによる世界分割支配をYP体制(ヤルタ・ポツダムの略)と呼んで厳しく批判し、文明論として「反近代」論を展開したことであった。戦前の右翼である玄洋社、黒龍会、神兵隊などに憧憬の念を持っている者も多い。 一般に民族派とされる野村秋介は、新左翼やアナーキストと討論に応じたり、テレビ朝日の討論番組「朝まで生テレビ!」にも出演した。