皆の本棚にあるタグ「桜坂洋」の本

桜坂洋
桜坂 洋(さくらざか ひろし、1970年 - )は日本の小説家である。元システムエンジニア。 第2回集英社スーパーダッシュ小説新人賞での最終選考作『魔法使いのネット』を改稿・改題した『よくわかる現代魔法』で、2003年12月にデビューする。2004年発表の短篇『さいたまチェーンソー少女』で第16回SFマガジン読者賞、2008年発表の短篇『ナイト・オブ・ザ・ホーリーシット』で第20回SFマガジン読者賞を受賞。 ゲームを含むコンピュータ全般が趣味であり、当然コンピュータ・オタク文化に造詣が深い。また、かなり熱狂的なメガネ属性である。執筆に2004年当時はMeadow・SKK・TeXを使っていた。原稿を順番通りに書かず、書きやすいところから書く。 桜庭一樹と親交があり、2人が一緒の活動や対談も多い。 筒井康隆や東浩紀やなどからも高い評価を受けた『All You Need Is Kill』の発行の後、一般文芸誌や純文学誌での執筆もこなすようになった。