皆の本棚にあるタグ「株主総会」の本

株主総会
株主総会(かぶぬしそうかい)は、株式会社の機関の一つ。株主を構成員とし、株式会社の基本的な方針や重要な事項を決定する。株主は株式会社の実質的な所有者であり、言い換えれば、倒産時でない限り、残余請求権者であることから、重要な意思決定は株主総会に委ねられている。なお、株主は株主総会を通しておよそ会社に関することであれば、いかなる事項についても決議できるという理念(株主総会の万能機関性)は、所有と経営の分離などの現実もあり、すべての類型の株式会社において共有されているわけではなく、日本法、アメリカの州法、ドイツ法、フランス法においても一定の範囲で株主総会が決定できない事項が経営者側に留保されている。 日本の株主総会 日本の会社法の条文は、以下で条数のみ記載する。 日本では、会社法・第2編株式会社 第4章機関 第1節株主総会及び種類株主総会(295条~328条)で規定されている。 日本の会社法においては、機関構造の柔軟化が図られているが、株主総会は取締役とともに必要的機関とされている。